【トルコ】海外教育インターンシップで何をしたのか。

お疲れ様です、じぇいぴーです。(^^♪

今回は海外教育インターンシップで何をしたのかをお伝えできればと考えています。

本インターンシップに参加した背景はこちらのブログをご参照ください。【トルコ】海外教育インターンシップになぜ参加しようと思ったのか。

本インターンはトルコのブルサという街で行われました。

世界中から集まったインターン生と一緒にチームとなり、ローテーションで色々な学校を回って自国のプレゼンを行います。

1つの学校の滞在期間は火曜日~金曜日の4日間で、合計6つの学校を回ります。

学校にもよりますが、1日平均5回ほど、約40分間/回プレゼンを行う形で、中々忙しかったと記憶しています。

インターン最初の方はトラブルもありました。

最初に訪問した小中高一貫の私立高校でプレゼンをしていたのですが、一人の生徒が授業を抜け出してしまいました。( ˘•ω•˘ )

ただ、良い事もありました。

別のクラスでプレゼンをしていて授業終了のチャイムが鳴った時に、

『休み時間いらないから続けて』

と言って貰えました。めちゃくちゃ嬉しかったです。

2つ目のシャヒンカヤ高校での話ですが、またまたトラブルが発生しました。

それは、

『先生が生徒を注意する時間が長くプレゼンが中断されること』

です。(笑)

生徒自体はそこまで騒がしくないのですが、先生がめちゃくちゃ怒ります。

『うちの先生いつもああなのよ』

と、ため息交じりで、ボソッと教えてくれた女子生徒も、

『うるさい』

と先生から怒鳴られる始末。(笑)

プレゼンでけん玉を紹介している際に、一人の男子生徒が、『やってみたい』と言って私の元へ近寄ってくると、その先生が先回りして、

『どうせあなたはできないんだから』

と言って、けん玉を取り上げてしまいました。(笑)

その後も5分位叱り続け、その後に、『はい、プレゼン続けて』と言われても空気が重たすぎて、めちゃくちゃやり辛かったです。(笑)

その他にもトラブルはありました。

一人の生徒が先生と揉めて教室から出て行ってしまいました。

トルコに来て2回目です。第2号場外ソロホームラン。

外国人選手はパワーが違いますね。(笑)

ただ、この学校でもいい事がありました。

最終日の放課後、生徒たちと一緒にサッカーをしたのですが、終わった後に生徒から胴上げされました。

受け入れてもらえたようで、凄く感動しました!

なお、プレゼン内容ですが、最初に準備したものから構成を相当変えています。

クイズ形式にしたり、「浴衣と着物の違いは何でしょう」と言った質問形式の内容にしました。

一方的にプレゼンしていても生徒は飽きてしまいますし、

『興味を持ってもらえず、話を聞いてもらえなかったら、プレゼンの意味がなくなってしまう』

と思いましたので。

このプレゼンにするようになってからは、生徒の反応も非常に良くなり、積極的に授業に参加してもらえるようになりました。

クイズに正解した場合には、グミやお菓子を配ったりしました。

この写真、、(笑)

そのような流れであっと言う間にインターンは終わりを迎えていきました。

最終的には、24日間×1日平均5回×1クラス約20人≒2,400人にも及ぶ子どもたちに日本の文化をプレゼンしたことになります。

20歳に海外に一人で行き、2か月間過ごした経験は今後忘れることは無いです。

最初は英語もあまり話せませんでしたが、学校でのプレゼンや世界中から来たインターン生と、プライベートな時間を共に過ごす中で、確実に上達したと思います。

インターンに参加する前は、

『どうせ自分には上手くできない』

と思っていましたが、何とか最後までやり遂げることができました。

プレゼン中、キラキラと目を輝かせて話を聞いてくれる子どもたちも沢山見ることができました。

『日本に行ってみたい』

と言ってくれる子どもが沢山いました。

自分みたいな何ともない人間が、一歩勇気を出して行動することで、異国の地トルコで少しでも良い影響を与えることが出来ました。

自身の語学力や、異文化理解力、主体性等の向上にも繋がりました。

『行ってよかった』

そう思います。心から。

学生の方でお時間があれば、是非、長期休暇中や休学中に挑戦して頂ければと思います。

何か質問等ありましたら、お気軽にお問い合わせください。(^^♪

以上です。

 

2 件のコメント

  • こんにちは。ブログ、読ませてもらいました。私も、トルコに留学しようかと考えています。Tömerに通われていたみたいなのですが、手続きはどのようになされたか、他におすすめの語学学校はあるのか、インターンシップのことなど、是非教えて頂きたいことか色々あります。お返事お待ちしております。

    • ご連絡ありがとうございます。トルコ語留学良いですね!自分の頃よりはトルコ安の影響で物価も安く感じられると思います!Tomerはホームページ経由で申込書を申請しました。http://tomer.ankara.edu.tr/en/home-page/

      tomer以外の語学学校は、申し訳御座いません。あまり詳しくないのですが、アンカラ大学系列の語学学校で最大手に当たりますので、信頼性は非常に高い学校だと感じています。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUTこの記事をかいた人

    世界54か国訪問。 学生時代はヘルシンキ大学交換留学や、トルコで海外教育インターンシップに従事。 仕事の傍ら米国公認会計士(USCPA)試験の勉強を開始し、2018年8月に全科目合格を果たす。 人を笑わせたり楽しませることが好きで、趣味で漫才をしている。