米国公認会計士(USCPA)合格に要する時間とは。

お疲れ様です、じぇいぴーです。(^^♪

2016年3月頃開始した米国公認会計士(USCPA)試験ですが、4科目全て合格しました。

BEC/77点(受験1回)

FAR/87点(受験2回)

REG/75点(受験2回)

AUD/75点(受験2回)

今後、USCPA取得を目指される方向けに、参考として合格迄に要した時間をお伝えしたいと思います。

USCPA合格までに要した学習時間

2016年3月下旬~2016年4月下旬(1か月)・・・約70時間

2016年5月初旬~2016年8月下旬(4か月)・・・勉強にやる気が出ず一時中断。(笑)

2016年9月初旬~2017年8月下旬(12か月)・・・約700~800時間

2017年9月初旬~2018年6月初旬(9か月)  ・・・約930時間

こんな感じで、

約1700時間~1800時間

でした。

また、一時中断期間を除いた学習期間は、合計1年10か月になりますので、1か月平均の学習時間は、約80時間となります。

1番多い月では、約160時間勉強しました。

学習開始時のスペックについて

勉強開始時の私の基本スペックとして、

・TOEIC800点以上

・関関同立レベル

・決算、管理会計等の業務を担っており、会計に関する少しの知識あり

・日商簿記や工業簿記等の資格は一切なし

といった形ですので、私のような方であれば、

『毎月約80時間の勉強を1年10か月続けることができれば、米国公認会計士試験に合格できる可能性あり』

ということが、実体験からお伝えできるのかなと思います。

ただ実際には平日働きながら(月残業40時間位)、毎月80時間の勉強を1年10か月続けることは想像以上に大変でした。

就業後や土日のプライベートな時間も犠牲にしなければなりません。

それでも、監査法人やコンサルティングファームへのキャリアチェンジには有力な資格です。

是非若いうちにチャレンジ頂ければと思っております。

以上です。(^^♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

別称コミカルおじさん。人を笑わせたり楽しませることが好き。M-1グランプリ2018/2019出場経験あり。世界55か国訪問。学生時代はヘルシンキ大学交換留学や、トルコで海外教育インターンシップに従事。某日系メーカーに勤務しながら、米国公認会計士(USCPA)を取得。2020年3月より一般社団法人(教育事業)の副代表理事としても活動中。