【ロシア】冬のバイカル湖で、絶景「御神渡り」は本当に見れるのか

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お疲れ様です、じぇいぴーです。(^^♪

2018年3月初旬に「御神渡り」をこの目で見るために、ロシアのバイカル湖に訪れてきましたので、体験談をお伝えしたいと思います。

冬のバイカル湖で絶景御神渡りは見れるのか

御神渡りとは

そもそも「御神渡り」とは日中と夜間の気温差で氷の収縮と膨張によって発生する「氷の亀裂現象」を指しますが、その氷はクリスタルブルーに光り輝き、言葉にできないほどの絶景です。

御神渡りが見られる時期

御神渡りは年に一度、2月下旬~3月初旬の非常に限られた時期にしか見ることが出来ない現象です。

御神渡りが見られる場所

この「御神渡り」が見られるのは、ロシア南東部、シベリア地方イルクーツク州に位置するバイカル湖です。

「シベリアの真珠」と謳われるほどの美しい神秘の湖です。

なお、世界最古、世界一の深度、世界一の透明度の「3つの世界一」を持っています。

なおこの絶景は、バイカル湖の中でも、「オホロン島」という場所に行かないと見れません。

バイカル湖の「オホロン島」まで行く方法

個人で行くのは非常に難しく、現地ツアーに参加することになります。

自分は現地に夜到着後、ホテルのwi-fiを使用してweb経由で現地の旅行会社にツアーを申し込みました。(参照:https://5217.co/travel/local

現地ツアーの値段

ツアー料金は18,000ルーブル。日本円で34,200円。

私はシンガポールからの旅行者2人と一緒に参加しました。この金額は3人で参加した場合の1人あたりの価格となります。

他に旅行者がいない場合は、4WDの車を1人で乗ることになりますので、当然ツアー代金は高くなります。

私は翌日のツアーに何とかギリギリ申し込むことが出来ましたが、時間に余裕のある方は、日本にいる間に申し込みされた方が良いかと思われます。

理由としては、現地到着後に何社かにメールしましたが、

『ツアーは全て埋まっている』

『次のツアーは2日後』

などと言われ、中々簡単にツアーが決まりませんでしたので。

現地ツアー開始

2泊3日のツアー初日の朝10時頃、イルクーツクを出発し、16時頃オホロン島の中心部フジール村に到着しました。

なおオホロン島へは途中湖を渡りますが、この時期は1m以上の分厚い氷で覆われており、氷上をそのまま車で走ることができます。

また、こんな感じで道路標識も設置されます。

あまり見られない光景ですので、凄くテンションあがりました。(笑)

氷上では崩落時にすぐ車から脱出できるように、シートベルトは禁止!!とのことです。

この日は宿泊先のコテージでゆっくり。

2日目が観光のメインの日。いよいよクリスタルブルーに輝く「御神渡り」を目指します。

北に向かって走ること2~3時間、目的地である「ホボイ岬」に到着しました。

途中、アナと雪の女王に出てきそうな氷のアートを堪能しました。

そして、「御神渡り」とご対面。ついに見ることができました。

絶景「御神渡り」を見た感想

青色に輝くクリスタルを見たとき、何も言葉を発することができませんでした。ただただ美しかったです。

本当に心の底から来てよかったと思いました。

時折、「ゴゴゴゴゴ」と氷がうごめく音も聞かれ、雪景色の静寂の中で、迫力も感じることができました。

是非皆さまの旅行リストに加えて頂ければと思っています。

ではでは。(^^♪

2 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUT US

    別称コミカルおじさん。人を笑わせたり楽しませることが好き。M-1グランプリ2018/2019出場経験あり。世界55か国訪問。学生時代はヘルシンキ大学交換留学や、トルコで海外教育インターンシップに従事。某日系メーカーに勤務しながら、米国公認会計士(USCPA)を取得。2020年3月より一般社団法人(教育事業)の副代表理事としても活動中。